九電、9年ぶりに配当引き下げ 1株50円に

九州電力は2012年3月期の年間配当を前期の1株60円から50円に… 九州電力は2012年3月期の年間配当を前期の1株60円から50円に減らす方針を固めた. 配当が前年を下回るのは9年ぶりだ. 昨年12月に保有する原発がすべて止まり、火力発電の燃料代が膨らんで決算で多額の赤字が見込まれるためだ. 九電は年2回配当している. 今期の中間配当は予定通り30円だったが、業績悪化が確実になったため、期末配当を30円から20円に引き下げる考えだ. ほかの電力会社では、東日本大震災で発電所などの施設が大きな被害を受けた東京電力と東北電力が配当をゼロにすることを決めた. 九電の場合、施設が被害を受けていないことなどから一定の配当は維持することにした. 屍病汚染 DEAD RISING』が今日

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s